第68回十日町雪まつり・十日町きもの女王コンテスト2017


 

皆様こんにちは!
十日町きもの女王2016の南雲咲穂です。
きもの女王としての任期が終わってしまいましたが、3月31日まではfacebookページとこのブログを更新することができるので、あと少しの間お付き合い下さい😊

先日飯山線に揺られながら雪景色の故郷を眺めつつ、これからの自分自身の人生についてゆっくりと考えてみました。これからこの1年間の経験を活かし、1人の女性として、1人の人間としてどのように歩いていこうか、そんなことを考えているとなんだかとっても前向きで新しい人生のステージにわくわくする自分がおりました😊

しばらくは寂しいなぁという気持ちでいっぱいだったのですが、観光協会様やきもの女王コンテスト部会様を始めとする故郷の皆様が私達を温かく送り出してくださったので、前向きに進むことができております。 さてさて、ここでこの1年間を振り返ってのご挨拶…といきたいところなのですが…プライベートではございますが、まだ3月にあの私の大好きな朱色のお振袖に袖を通す機会がございますので、ぜひその時に最後のご挨拶をさせてくださいなので今日は十日町雪まつりと、新しく後輩の誕生した十日町きもの女王コンテスト2017についてのお写真をメインに更新します。

十日町は雪まつり発祥の地。今年の開催で第68回目を迎える大変伝統のある、十日町市の冬の一大イベントでございます。日本全国各地からお客様がいらっしゃり、近年では海外からのお客様もかなり増えております。    (↑今年はなんと米山県知事にお会いすることができました!)
街の中を歩けばたくさん目にすることができる雪像は十日町市民による手作りの雪像です。これが全て手作り?!と驚いてしまうくらい芸術的な雪像ばかりです。たくさんの雪像に各々の広場で開催される屋台やステージ…歩いているだけで十日町の温かさを感じることのできるお祭りです。雪まつりでは様々な広場で地域の皆様とお話したり、友好都市の鹿児島県指宿市の菜の花レディ今吉様、栃木県真岡市の2016ミス・コットン柳田様と故郷PRをさせていただきました。また、雪上ステージでは豪華な出演者様の素晴らしいパフォーマンス、そしてしっかり最後の花火まで見ることができました。

私は九月に指宿市様の温泉まつりにも参加させていただいたため、指宿市の皆様との再会がとてもとても嬉しかったです。指宿市の皆様とは前日のオープニングセレモニーから一緒に見学させていただきました。(↑菜の花レディと十日町の美味しい川魚「ヤマメ」を食べました!)

小さな頃から慣れ親しんでいた十日町雪まつりですが、おもてなしする立場に立ってみると、といつもとはまた違う景色が見えて興味深いですね。
私も十日町のお役に立てるよう、一生懸命頑張ろう!と3日間気合を入れ、さらに女王3人での最後のお仕事を思いっきり楽しもう!と気合を入れて挑みました。

最終日のコンテスト会場ではリハーサルの段階から3人で寂しい寂しい~と話しておりました。1年前このコンテストで出会った私達は1年間を通してたくさんの思い出を作ることができました。3人でのお仕事や1人でのお仕事はもちろん、関西旅行など、たくさん笑ってたくさん食べて、本当に良い思い出ばかりです。2人に会うと毎回、同年代にこんなに素敵な女性がいるんだなぁと感激しておりました。

(↑なんと!クロアチア大使様とご家族の方々が私たちの最後の挨拶に駆けつけてくださいました!1年を通してとても優しくしていただき、感謝の念に堪えません。)

女性として磨いていただき、そして素敵な仲間までできた十日町きもの女王の経験は一生の財産です。先日誕生しました後輩、十日町きもの女王2017にとっても、きもの女王の経験が人生を変える素晴らしい経験になりますことを心から祈っております。

また、コンテストに出場された皆様も最後まで楽しかった!と笑いあう皆様の表情はとてもキラキラしていて素敵でございました。この十日町きもの女王コンテストはこれからも未来ある女性を輝かせ、十日町をより一層盛り上げる素晴らしいイベントであり続けるだろうと思っております。ついつい長くなってしまいました。また、観光協会様からお写真を頂きましたら更新したいなぁと思っております。

それでは、まだまだ寒い日が続きますがお体にお気をつけください。

十日町きもの女王2016 南雲咲穂

 


第4代十日町きもの女王桃子さんのご活躍


引き続き失礼致します。

十日町きもの女王2016の南雲咲穂です。
皆様ビッグニュースですよ!
現在発売中の雑誌『美しいキモノ』に私達の先輩第4代十日町きもの女王の渡邊桃子さんが載っていらっしゃいます。

img_6590

桃子さんは、京都手描友禅協同組合さま主催の「きものエッセイ」にて、全国の応募の中から「美しいキモノ賞」を受賞されました!
さすがお着物が大好きで聡明な桃子さんです。

img_6589

また、賞品で色もデザインも0からデザインできる、世界に1つの京都手描友禅の訪問着を頂いたそうですよ☺️
控えめな灰桜色に、百花模様。桃子さんのお好きな花の中に、お名前にちなんで桃の花の入った可憐で美しい訪問着。なんて素敵!桃子さんにぴったりですね。

img_6588

きもの女王の任期が終わった後でもいろいろな方面で活躍されている先輩方が多く本当に尊敬です。皆様本当に女性として、人として、キラキラ輝いていて素敵です。私も多才な皆様に恥ずかしくないよう日々精進して参ります。

img_6587

雑誌『美しいキモノ』はまだまだ発売中です。皆様、ぜひ書店にてお手に取ってみてくださいね。

では、連投失礼致しました。

十日町きもの女王2016 南雲咲穂


日本一の豪雪地・新潟県十日町市の夕べ


 

みなさまこんにちは!

十日町きもの 女王2016の南雲咲穂です。
日に日に寒くなって参りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
そろそろ故郷十日町では雪が降る頃でしょうか。

img_6118

 私は先日瑠璃さんと東京の日本外国特派員協会ホールにて開催されました、十日町PRのイベント「日本一の豪雪地・新潟県十日町市の夕べ」に参加して参りました。
日本外国特派員協会ホールといえば、各界の著名人の方々が会見なさるあの有名な場所。(今世界的大ブームを巻き起こしている、あのピコ太郎さんが会見をされた場所です笑)
そんな素晴らしい会場で十日町をPRできるなんて、こんなに光栄ことはございません。

img_6091

 当日はスライドを使い四季折々の十日町市の観光PRや、着物ショー、産業・観光ブースの出展(名産品の販売や機織の実演など)、十日町の食材を活かした心温まる田舎料理の立食パーティ(湯治豚や車麩、日本酒)など、十日町の魅力が盛りだくさんの豪華なイベントとなりました。

img_6177 img_6172 私達着物女王は司会(瑠璃さんが日本語、私が英語です)を務めさせていただいたほか、着物ショーにもモデルとして参加させていただきました!

司会の大役は少し緊張しましたが、たくさんのお客様が来場され、楽しく賑やかなあっという間の3時間でした。

img_6174

 たくさんの方々に十日町について知っていただき嬉しかったとともに、今日この日までコツコツと準備を進めてきた十日町市の皆様の情熱と団結力にとても感動いたしました。
大成功のイベントでしたので、今年の雪まつりは例年より多くのお客様がいらっしゃること間違いなし、と確信しております!笑

img_6089

それではまた今月末の雪まつりプレイベントでお会いしましょう!

img_6090 img_6084十日町きもの女王2016 南雲咲穂

 

 


第1回 十日町きもの染織展


こんにちは。十日町きもの女王2016南雲咲穂です。

日増しに秋の気配が濃くなって参りました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は9月4日に東京で行われました第1回十日町きもの染織展に参加させていただきました。

8東京に居ながらにして故郷十日町を感じることのできるなんとも素敵なこのイベント。

久しぶりにコンテストの際にいただいたお振袖を着てのお仕事です。

5

7

お着物はもちろん、へぎそば、お米、お酒など十日町が全国に誇る名産品を購入されるお客様。ほんとうにたくさんの方にお会いすることができました。

4

遠く離れた東京でも多くの人を魅了する十日町の素晴らしさを改めて実感し、この素晴らしい故郷をもっと広めていかなくては、ときもの女王として改めて気合を入れることのできた特別な1日となりました。

ここからは少し当日のお写真をご覧ください。

3

↑九重という帯結びをしていただきました!

6このように様々な展示・販売ブースが設けられており、美しいお着物や帯で溢れていました。

9↑私も少し見学させていただきました!

1いつかこんなお着物も着てみたいなあと夢が広がります♡!

さて、今週末私は毎年恒例となりましたあのイベントに参加させていただきます。

近々皆様にご報告できますことを楽しみにしております。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

十日町きもの女王2016 南雲咲穂

 


5月3日はきものまつり。


皆様こんにちは。

十日町きもの女王2016の竹藤麻里花です。

今年のGWはどのように過ごされましたか?

IMG_4005

[初きものパレード参加風景]

咲穂ちゃんに引き続き、私も「きものまつり」のご報告をさせて頂きたいと思います。

雪と着物の街としての伝統と歴史を誇る十日町市では、
5月3日に春の一大イベントとして「きものまつり」が開催され私達も参加させて頂きました。

IMG_4003

[どきどきの撮影会]

ocyakai

IMG_1576

[大先輩方に交じってのお茶会]

そしてなんとこの日。
きもの女王三人が、コンテストの賞品として頂いたお振袖を十日町の皆様に初お披露目をさせて頂く日だったのです。

IMG_4006

[三人そろってパチリ。それぞれ頂いたお振袖、いかがでしょうか?]

私が頂いた、真っ白な織地に金彩刺繍が美しいこのお振袖は十日町織物メーカー「関芳」様のもの。

IMG_3934

織地に金糸が織り込まれているので、絹でありながら着心地はずっしりとした重厚感。ところどころにアクセントとして銀刺繍やラインストーンが施されているので、きらびやかで本当に華やか。古典風でも現代風でもない風合いで、まるで打掛の様な美しさも兼ね備えております。

もう、ただただ美しいの一言に尽きます!この関芳様のお振袖を頂けた事を本当に嬉しく光栄に思います。

実は私、きものまつり初参加だったのですが、普段どこに隠れていらっしゃったのかと思うぐらい素敵なお着物姿の方々ばかりでやはり十日町は着物の町なんだな~としみじみと実感させて頂いた一日となりました。

お着物好きな皆様方、是非機会がありましたら十日町の織物の魅力を実感しに足をお運びくださいね♪

また毎回皆様方に優しく見守って頂き、暖かい応援のお言葉を頂いて、感謝感謝の日々です。支えて頂きまして、本当にありがとうございます。

咲穂ちゃん、るりちゃんに出会えて、この三人で出務させて頂ける事を毎回感謝感謝です。やっぱり三人そろっての出務は楽しいですね。今後もこの三人で頑張って参ります!

IMG_3908

今後も何卒、宜しくお願い致します。

十日町きもの女王2016 竹藤麻里花


始めましてとTeNYさんでの「きものまつり」PR。


はじめまして。

ご挨拶が遅くなりましたが、十日町きもの女王2016の竹藤麻里花です。

kimono3

明日はとうとう待ちに待った「きものまつり」ですね♪

実はそのPRで4月28日(木)にTeNYさんのテレビ伝言板にて

「きものまつり」のPRをさせて頂いたんです!

なんて光栄な。。。。出演時間は一分間。

事前に頂いた原稿をしっかりと覚えていったにも関わらず、

間違えることが怖くて原稿を見ながらのPR告知。

そして緊張のあまり噛んでしまうという事態に陥っておりましたが、

明日の「きものまつり」ではしっかりと任務をこなしていきたいと思います!

今後も是非よろしくお願い致します。

また下記文章は遅くなりましたが簡単な私の自己紹介文となりますので、

お目を通して頂けましたら幸いでございます。

今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

2016年 十日町きもの女王   竹藤麻里花

--------------------

ご挨拶が遅れてしまいましたが、
この度十日町きもの女王2016に選んで頂きました
「竹藤麻里花(たけふじ まりか)」と申します。

着物が好きで、将来はお着物生活がしたい。

着付け教室の先生にも背中を押してもらいご協力を頂き、
その気持ちだけで応募させて頂いた私ですが、
沢山の方々に支えて応援をして頂きご縁に恵まれ、
このように選んで頂きました事を本当に光栄で幸せに思っております。

簡単な自己紹介をさせて頂きますと、
去年の夏に韓国から帰国して十日町市民。

大学時は東京都在住、卒業後にご縁あって
韓国の企業で数年間働かせて頂いておりました。

なので特技は韓国語、韓国料理。
趣味は料理、ランニング、ガーデニング、お着物(趣味?)など。

(じ、実はカナダにも留学をさせて頂いておりましたが、英語から離れ早数年、、、今ではさっぱり自信がありません!汗)

最近好きなお着物スタイルは、渋めな色合いのお着物にパリッとした色(華やかな色)のアンティーク寄りの名古屋帯の組み合わせです。

幼少から何故か着物生活を夢見ておりましたので、

着物の街十日町で着物の女王に選んで頂けるなんてまさか夢の様です。

この一年間、
この三人で雪と着物の街十日町をPRして参ります。

まだまだ未熟の身では御座いますが、
今後ともご指導ご鞭撻の程を宜しくお願い申し上げます。

十日町きもの女王2016 竹藤 麻里花

※下記文章は韓国語文となります。※

[처음 뵙겠습니다 ]

벚꽃의 향기가 좋은봄이 왔습니다.

인사가 늦어 버렸습니다만, 이번에 토카마치 기모노 여왕 2016에 선택 받은 “타케후지 마리카” 라고 합니다.

기모노가 좋아하고, 미래는 기모노 생활을 하고 싶다.

기모노 교실의 선생님게서도 격려해 주시고 협조를 해 주셔서,
좋아한다 라는 그 마음만으로서 응모한 저입니다만,

많은 분들이 지지해 주고 응원을 해 주시고 인연을 맺어서
이렇게 선택을 받은것을 정말 영광이고 행복하게 생각합니다.

간단한 자기 소개를 하면 지난 여름에 한국에서 귀국한 후,
토카마치 시민이 되었습니다.

대학시절은 도쿄에서 지냈고 졸업한 후,
인연이 있어서 한국 기업에 취직해서 수년간 일해 왔습니다.

(사실 조금 캐나다에서도 유학을 했었습니다만, 영어를 완전히 잊어 버려서,,, 영어 담당은 사키호 짱에게 맡겨 합니다! 땀)

그래서 특기는 한국어, 한국 요리.

취미는 요리, 달리기, 원예, 기모노 (이건 취미?) …등등.

최근 좋아하는 기모노 스타일은 전체적으로 차분한 색조의 기모노에, 선명한 색상 (화려한 색상)의 엔티크의 나고야 띠의 조합입니다.

어렸을때부터 왠지 기모노 생활을 꿈꾸고 있었으므로 기모노가 유명한 토카마치 기모노의 여왕에 선택 받아서, 설마 꿈 같은일이였습니다.

이 일년동안, 이 세명으로 눈과 기모노의 도시 토카마치를 잘 소개 할수있도록 노력하겠습니다.

아직 미숙인 저입니다만, 앞으로도 지도 편달 부탁드립니다.

토카마치 기모노 여왕 2016. 타게후지 마리카.

今後とも、何卒宜しくお願い致します。