1年間ありがとうございました! 佐治瑠璃


皆様こんにちは、十日町きもの女王2016 佐治瑠璃でございます。

段々と気候も暖かくなり、春の訪れを感じますね🌸 私は今年も満開の桜を見ることが待ち遠しいです。皆様いかがお過ごしでしょうか。
昨年十日町きもの女王コンテストで選んでいただいてから、時が経つのはあっという間で、早くも一年。最後のご挨拶をさせていただくことを寂しく感じております。

幼い頃からお着物に触れる機会が多く、大好きなお着物を着て、十日町市について学び、発信していきたいという思いからコンテストに応募致しました👘👑初めての出務は高田城百万人観桜会から始まり、G7農業大臣会合、外国特派員協会など県内のみならず県外での出務も通して、数々の貴重な経験をさせていただきました。十日町きもの女王として行って参りました活動で、よりたくさんの方に雪と着物の街、十日町市を知っていただくことができていたら幸いでございます⛄️👘✨

全ての、一つ一つの出務に素晴らしい思い出と出会いがあります。咲穂さんと麻里花さんとの最後の3人の出務でもありました、雪まつりは私にとって、やはり最も印象的なイベントの一つです。市民の方々が作られた雪像、雪上ステージは精巧で、圧巻な作品ばかりで感動いたしました。また、近代雪まつりの発祥の地であるという歴史を肌で感じ取ることができ、日本が世界に誇るべき重要な文化財であるのだと実感いたしました。 雪まつり後の本当に最後の出務でありました、JA東京スマイルでのイベントのお写真もご覧ください。会場には十日町直送の新鮮野菜、名産が並べられ、大変賑やかなイベントとなりました。特設で作られた雪像とそり体験の広場を前に来年度の雪まつりに向けたPRをして参りました。母と咲穂さんも応援に駆け付けてくれて、最後の出務も楽しんで全うすることができました。この一年は、私にとってかけがえのない、一生の財産になりました。様々な場面を経験してきたからこそ、これからの人生どんな選択をしても、自分らしく常に前向きに何事も乗り越えていけるのだという自信があります。世の中を明るくできるような自立した強く美しい女性が幼いころからのわたしの目標です。自分を信じ、時には暖かい周りのサポートも頼りに、目標達成を胸にこれからも頑張って参ります。そろそろ次期女王にバトンタッチをする時間がやって参りましたが、引き続き皆様、きもの女王への応援、サポートをよろしくお願い致します。

今こうしてブログを書きながら、充実したこの一年を振り返りつつ、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。一年間、本当にありがとうございました。

十日町きもの女王2016 佐治瑠璃


第68回十日町雪まつり・十日町きもの女王コンテスト2017


 

皆様こんにちは!
十日町きもの女王2016の南雲咲穂です。
きもの女王としての任期が終わってしまいましたが、3月31日まではfacebookページとこのブログを更新することができるので、あと少しの間お付き合い下さい😊

先日飯山線に揺られながら雪景色の故郷を眺めつつ、これからの自分自身の人生についてゆっくりと考えてみました。これからこの1年間の経験を活かし、1人の女性として、1人の人間としてどのように歩いていこうか、そんなことを考えているとなんだかとっても前向きで新しい人生のステージにわくわくする自分がおりました😊

しばらくは寂しいなぁという気持ちでいっぱいだったのですが、観光協会様やきもの女王コンテスト部会様を始めとする故郷の皆様が私達を温かく送り出してくださったので、前向きに進むことができております。 さてさて、ここでこの1年間を振り返ってのご挨拶…といきたいところなのですが…プライベートではございますが、まだ3月にあの私の大好きな朱色のお振袖に袖を通す機会がございますので、ぜひその時に最後のご挨拶をさせてくださいなので今日は十日町雪まつりと、新しく後輩の誕生した十日町きもの女王コンテスト2017についてのお写真をメインに更新します。

十日町は雪まつり発祥の地。今年の開催で第68回目を迎える大変伝統のある、十日町市の冬の一大イベントでございます。日本全国各地からお客様がいらっしゃり、近年では海外からのお客様もかなり増えております。    (↑今年はなんと米山県知事にお会いすることができました!)
街の中を歩けばたくさん目にすることができる雪像は十日町市民による手作りの雪像です。これが全て手作り?!と驚いてしまうくらい芸術的な雪像ばかりです。たくさんの雪像に各々の広場で開催される屋台やステージ…歩いているだけで十日町の温かさを感じることのできるお祭りです。雪まつりでは様々な広場で地域の皆様とお話したり、友好都市の鹿児島県指宿市の菜の花レディ今吉様、栃木県真岡市の2016ミス・コットン柳田様と故郷PRをさせていただきました。また、雪上ステージでは豪華な出演者様の素晴らしいパフォーマンス、そしてしっかり最後の花火まで見ることができました。

私は九月に指宿市様の温泉まつりにも参加させていただいたため、指宿市の皆様との再会がとてもとても嬉しかったです。指宿市の皆様とは前日のオープニングセレモニーから一緒に見学させていただきました。(↑菜の花レディと十日町の美味しい川魚「ヤマメ」を食べました!)

小さな頃から慣れ親しんでいた十日町雪まつりですが、おもてなしする立場に立ってみると、といつもとはまた違う景色が見えて興味深いですね。
私も十日町のお役に立てるよう、一生懸命頑張ろう!と3日間気合を入れ、さらに女王3人での最後のお仕事を思いっきり楽しもう!と気合を入れて挑みました。

最終日のコンテスト会場ではリハーサルの段階から3人で寂しい寂しい~と話しておりました。1年前このコンテストで出会った私達は1年間を通してたくさんの思い出を作ることができました。3人でのお仕事や1人でのお仕事はもちろん、関西旅行など、たくさん笑ってたくさん食べて、本当に良い思い出ばかりです。2人に会うと毎回、同年代にこんなに素敵な女性がいるんだなぁと感激しておりました。

(↑なんと!クロアチア大使様とご家族の方々が私たちの最後の挨拶に駆けつけてくださいました!1年を通してとても優しくしていただき、感謝の念に堪えません。)

女性として磨いていただき、そして素敵な仲間までできた十日町きもの女王の経験は一生の財産です。先日誕生しました後輩、十日町きもの女王2017にとっても、きもの女王の経験が人生を変える素晴らしい経験になりますことを心から祈っております。

また、コンテストに出場された皆様も最後まで楽しかった!と笑いあう皆様の表情はとてもキラキラしていて素敵でございました。この十日町きもの女王コンテストはこれからも未来ある女性を輝かせ、十日町をより一層盛り上げる素晴らしいイベントであり続けるだろうと思っております。ついつい長くなってしまいました。また、観光協会様からお写真を頂きましたら更新したいなぁと思っております。

それでは、まだまだ寒い日が続きますがお体にお気をつけください。

十日町きもの女王2016 南雲咲穂

 


十日町きもの女王コンテスト2017で新女王3名が決まりました


平成29年 2月19日に十日町きもの女王コンテスト2017が開催され、新しいきもの女王の3名が選ばれました。

今回選ばれた3名はいずれも、素晴らしい方ばかりです。
最近、きもの女王に応募する方のレベルがあがって来たな~と感じています。

左から
保坂 美和(ほさか みわ)さん 十日町市

品田 涼花(しなだ りょうか)さん 柏崎市

井口 萌子(いぐち もえこ)さん 新潟市

※住所は帰省地
の3名に決まりました。
おめでとうございます。
今年1年間のご活躍を期待しています。