勉強会@きもの絵巻館・博物館


 おばんです。荒川真美です。

先日、3月22日(日)、3人揃っての女王勉強会でした。

観光協会の庭野さんと一緒に、十日町市内の「きもの絵巻館」 と「十日町博物館」へ。

きもの絵巻館では㈱きものアイ社長の吉澤さんから、お話を伺い、館内を案内して頂きました。

私、地元ですが、こちらにお邪魔するのは初めて。広々とした空間に、涼やかな明石ちぢみの反物~豪華な振り袖、小物類まで様々に展示してあり、なんと愉しいこと。

私にとって、着物、反物は簡単に手をだせる買い物ではありませんが、またふらっと、目の保養、勉強させてもらいに伺いたいと思いました。

こちらは、俳優の水谷豊さん主演「相棒」シリーズなどに衣装協力もされているそうで。あのシーンに十日町の着物が使われていたなんて!なんだか嬉しいですね。

 きもの絵巻館http://www.kimonoemakikan.co.jp/about/index.html

1427714098512

続いて、十日町博物館へ。

こちらは小学生ぶりの訪問。すぐ近くにある西小学校が私の母校で、授業で訪れたことがあります。

小学生の頃は、博物館てコワーイ!なんか変な人形あるし、お化け屋敷みたーい!な所でした。

が、今回は全く別の印象!ここって大人のテーマパーク!となりました。十日町の歴史のおもしろさ、気付くことができました。

000015936

新潟県唯一の国宝に指定された、「火焔型土器」目の前で見たら、なんと、カッコいい。

これが5000年前に作られたなんて、溜め息物です。火焔型土器は平和の象徴でもあるそうで。この時代が平和だったからこそ、ここまでデザインに凝る余裕があったのだと。

国宝、国宝、言うけれどこれまでは正直、ピンときていませんでした。今回、目の前で見て、説明をきいて、物凄いことだと解りました。

国宝ということは、エジプトのツタンカーメンの仮面なんかと同じレベル?!そのうち様々な国に貸し出されて、こんな目の前で見ることはできなくなってしまう?!かも。

限られた時間の中で学芸員さんに早足で説明して頂きましたが、全然聞き足りない!見足りない!ということで近々時間をたっぷり取って遊びに行きます。

000015928

縄文時代~近代の十日町の歴史がぎゅ~っと詰まった博物館、観光客の方だけでなく、地元の方にもぜひ足を運んで頂きたいと思える、お勧めスポットです!

 十日町博物館http://www.tokamachi-museum.jp/news.cgi