第47回東京十日町会総会・懇親会


img_8467 img_8468 img_8475 img_8476

 

 

みなさま、こんにちは。

十日町きもの女王2016 佐治瑠璃でございます。だんだんと寒くなってきましたね。みなさまいかがお過ごしでしょうか。東京では、11月に観測史上初の初雪が降り、まるで新潟にいるかのように感じ、なんだかホッと気持ちがあたたかくなりました。

先日東京十日町会総会・懇親会が上野精養軒にて開催されました。東京十日町会総会は、2年に1度、前回は60周年、今回は総会の回数としては47回目を迎えました。首都圏にお住みの方や地元の十日町、そして新潟県人会役員の方などをはじめとした、140人もの大勢の方が出席されました。

東京・上野というような、地元から遠く離れたところであっても、新潟県民、十日町市民の方々が大勢集まる素晴らしい機会に出席させていただき、嬉しかったです。お一人お一人のお話を伺ったり、最後に全員で十日町小唄を踊ったりと、改めて、十日町の人と人とのあたたかさを感じました。

また、今回は淡い色の大人っぽい色合いのお着物だったのですが、会場の真っ赤なじゅうたんとのコントラストがあって、とっても素敵で、お褒めの言葉をいただきました。

十日町きもの女王2016として就任してから早くも一年が過ぎようとしています。さまざまな素晴らしい経験をこれまでさせていただき、たくさんの出会いがありました。毎回の出務を通して学ぶことは多く、新たな発見があったり、物事を少し客観的に見ることができるようになったのではないかと感じます。

来年の雪まつりがより一層盛り上がりますよう、より多くの方に十日町きもの女王コンテストに応募していただきたいと思います。今からすでに、来年度の新たなきもの女王が誕生する瞬間が楽しみです。残された任期は数カ月となりましたが、精一杯務めて参ります。

 

十日町きもの女王2016 佐治瑠璃

 

 

 


第4代十日町きもの女王桃子さんのご活躍


引き続き失礼致します。

十日町きもの女王2016の南雲咲穂です。
皆様ビッグニュースですよ!
現在発売中の雑誌『美しいキモノ』に私達の先輩第4代十日町きもの女王の渡邊桃子さんが載っていらっしゃいます。

img_6590

桃子さんは、京都手描友禅協同組合さま主催の「きものエッセイ」にて、全国の応募の中から「美しいキモノ賞」を受賞されました!
さすがお着物が大好きで聡明な桃子さんです。

img_6589

また、賞品で色もデザインも0からデザインできる、世界に1つの京都手描友禅の訪問着を頂いたそうですよ☺️
控えめな灰桜色に、百花模様。桃子さんのお好きな花の中に、お名前にちなんで桃の花の入った可憐で美しい訪問着。なんて素敵!桃子さんにぴったりですね。

img_6588

きもの女王の任期が終わった後でもいろいろな方面で活躍されている先輩方が多く本当に尊敬です。皆様本当に女性として、人として、キラキラ輝いていて素敵です。私も多才な皆様に恥ずかしくないよう日々精進して参ります。

img_6587

雑誌『美しいキモノ』はまだまだ発売中です。皆様、ぜひ書店にてお手に取ってみてくださいね。

では、連投失礼致しました。

十日町きもの女王2016 南雲咲穂


雪まつり合同プレイベント~スノーカントリーフェス2017~


皆様こんにちは。

十日町きもの女王2016の南雲咲穂です。早いものでもう12月。今年もあと1か月ですね。

私達は先日十日町市のクロステンにて行われました、雪まつり合同プレイベント~スノーカントリーフェス2017~に参加して参りました。抽選会やお食事会など盛りだくさんな楽しいイベントで、雪まつり関係者の皆様とともに改めて雪まつりに向けて一致団結し気合を入れることができました。

img_6571

img_6573 久々の十日町きもの女王2016全員集合!

やはり3人揃うと心強く、とっても楽しくて時間があっという間に過ぎていきます。

各々が十日町、そして雪まつりに向けての熱い思いをお話しさせていただきました。
img_6572 そして、クロステンといえば私たち十日町きもの女王にとって特別な場所。

このステージできもの女王に選んでいただいた日が9か月も前だなんて信じられません。img_6575 私達きもの女王も十日町市冬の最大イベント、雪まつりに向けて体調を整え、気合を入れて参ります。これから寒くなりますが、皆様もお体にお気を付けくださいませ。img_6574

 

十日町きもの女王2016 南雲咲穂


20161022 第9回 地そばまつり


 

こんにちは。

十日町きもの女王2016の竹藤麻里花です。

皆さまご無沙汰しておりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

sonamaturi-6

ご報告が遅くなってしまいましたが2016年10月22日(土)、23日(日)の二日間、

「へぎそばの里十日町」にて「第9回 地そばまつり」が行われました。

sobamaturi-5

ここで、十日町市のお蕎麦のご紹介を少し。

十日町市のお蕎麦はつなぎに「布海苔(ふのり)」が使われている為に、

他のお蕎麦とは違った緑がかった風合いにツルツルとした食感とのど越しが特徴的。

「へぎ」と呼ばれる器で出される事から「へぎそば」と呼ばれて親しまれ、

盛り方も「へぎ」に綺麗にくるくると、取りやすく巻かれた形で盛られて提供されています。

独特なツヤ感溢れるお蕎麦に、魅了される事間違いなしです。

会場は十日町市内にある越後妻有交流館キナーレ1階、回廊内。

十日町市のお蕎麦屋さんだけでなく小千谷市、北海道からも出店が!

当日は会場内で各店舗のできたてのお蕎麦を食べ比べできるという贅沢なイベントです。

私は10月22日(土)にJR職員の方々、ネージュくんと一緒に十日町駅にてそば祭りに来られる方々のお出迎えをお手伝いさせて頂きました。

sobamaturi-1十日町市観光協会の青柳会長と。当日のお出迎え風景。

img_6642お出迎えの際に配った縄文風菓。サクサクで美味しいです。

sobamaturi-32十日町市のご当地観光キャラクター、雪の妖精 ネージュくんと一緒に。

sobamaturi-2お出迎え後はキナーレ会場に移動して。賑わってますね~。

img_6658私もお蕎麦を堪能させて頂きました♡ お蕎麦大好きです♡

お店ごとに風味も味も、薬味も全然違っていてお蕎麦の奥深さを再実感です。

お蕎麦の乾麺もお土産として大人気なのでオススメですし、
新そばの季節も深まり皆様も
ぜひ「へぎそばの里 十日町」のお蕎麦を堪能されに来てくださいね。

 

 


日本一の豪雪地・新潟県十日町市の夕べ


 

みなさまこんにちは!

十日町きもの 女王2016の南雲咲穂です。
日に日に寒くなって参りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
そろそろ故郷十日町では雪が降る頃でしょうか。

img_6118

 私は先日瑠璃さんと東京の日本外国特派員協会ホールにて開催されました、十日町PRのイベント「日本一の豪雪地・新潟県十日町市の夕べ」に参加して参りました。
日本外国特派員協会ホールといえば、各界の著名人の方々が会見なさるあの有名な場所。(今世界的大ブームを巻き起こしている、あのピコ太郎さんが会見をされた場所です笑)
そんな素晴らしい会場で十日町をPRできるなんて、こんなに光栄ことはございません。

img_6091

 当日はスライドを使い四季折々の十日町市の観光PRや、着物ショー、産業・観光ブースの出展(名産品の販売や機織の実演など)、十日町の食材を活かした心温まる田舎料理の立食パーティ(湯治豚や車麩、日本酒)など、十日町の魅力が盛りだくさんの豪華なイベントとなりました。

img_6177 img_6172 私達着物女王は司会(瑠璃さんが日本語、私が英語です)を務めさせていただいたほか、着物ショーにもモデルとして参加させていただきました!

司会の大役は少し緊張しましたが、たくさんのお客様が来場され、楽しく賑やかなあっという間の3時間でした。

img_6174

 たくさんの方々に十日町について知っていただき嬉しかったとともに、今日この日までコツコツと準備を進めてきた十日町市の皆様の情熱と団結力にとても感動いたしました。
大成功のイベントでしたので、今年の雪まつりは例年より多くのお客様がいらっしゃること間違いなし、と確信しております!笑

img_6089

それではまた今月末の雪まつりプレイベントでお会いしましょう!

img_6090 img_6084十日町きもの女王2016 南雲咲穂

 

 


指宿市観光2日目~最終日


こんにちは。十日町きもの女王2016の南雲咲穂です。

今回も写真をメインにお楽しみください。

======================================

image朝から盛りだくさんなこの日はまさに南国な良い天気。九月下旬ですが照りつける日差しが真夏のようです。そして、こちらはまるでスヌーピーが寝ているような形で有名な竹山。実はこの竹山、マグマが地表に噴出する前に急に冷えて固まった火成岩のかたまりなのだそうです。imageやはり新潟とは大きく異なるのは火山のもたらした自然の美しさや文化です。

もくもくと出てくるこの蒸気もかなりの高温です。

image海も新潟の日本海とはまた違った美しさがあります。穏やかで真っ青で美しいですね。右は遙か昔に海底火山が噴火してできた開聞岳です。

 

image地熱の力を活かしたアクティビティといえばやはり砂蒸し風呂!

北海道千歳市のスカイレディ千歳様と名物の砂蒸し風呂を体験させていただきました。imageimageじわじわと温かく、芯から体が温まります。たくさん汗をかいて、体がすっきり軽くなりました。砂蒸し風呂で汗をかいた後は指宿サイダーと栄養たっぷりの温泉卵をいただきました。image続いては日本最南端の駅西大山駅です。とってものどかで少し十日町を思い出すような景色です。image西大山駅には幸せの黄色いポストがあり、実際にここからお手紙やはがきを出すことができるそうです。

 

imageimageimageお昼は名物そうめん流しです。竹を使った一直線に流れる流しそうめんとは違い、ぐるぐるとそうめんが流れ続けます。これがとっても楽しくおいしいので観光客の皆様にとても人気があるそうです。

 

imageimage昼食後は天璋院篤姫ゆかりの地を巡ったり、池田湖観光をさせていただきました。image池田湖もまた火山のもたらした産物で、かつてはイッシーくんという生物が目撃されたことがあるとか。夢がありますね!imageimageimage熊本県人吉市のキャンペーンボーイのお二人と北海道千歳市のスカイレディ千歳様と記念撮影をしていただきました。

imageその後は指宿酒造様を見学させていただきました。image大きな樽の中はもちろん芋焼酎です!image鹿児島ではお酒を飲むときにビールメーカーのグラスではなく、焼酎酒造のグラスを使うのが一般的なのだとか。このグラス、とっても可愛らしいですよね。

朝から盛りだくさん、贅沢に観光をさせていただき、この日の夕方温泉祭りに参加しました。すべてが美しく興味深いものばかりだったのですが、私が感動したのは観光課の方々そして地域の皆様の指宿市観光PRとその知識の深さ。私ももっと故郷十日町について勉強し、あと半年しっかり活動しようと決意することができました。

======================================

最終日は最後まで温かい皆様の送迎を受け指宿を後にしました。imageimageとても充実した3日間、皆様と素敵な思い出を作ることができましたので離れるのが寂しかったです。またゆっくり観光に訪れたいと思いました。image最後は空港で鹿児島発のデザート白熊を!最後までおいしい大満足な鹿児島県です。

 

今回、このようなすばらしい機会を与えてくださったすべての方々に感謝いたします。これからあと半年務めていく十日町きもの女王として、そして一人の人間として、大切なものや人と人の温かさを感じ、学ぶことができました。この経験を活かしさらにパワーアップして活動していきたいと思っております。

本当にありがとうございました。

そして、十日町市が鹿児島県指宿市様はもちろんのこと、北海道千歳市様、熊本県人吉市様ともこれからも素敵な交流が続くことを祈っております。

最後までご覧いただきましてありがとうございました!

十日町きもの女王2016 南雲咲穂

 

 

 

 

 


指宿市観光1日目


こんにちは。十日町きもの女王2016南雲咲穂です。

指宿市では様々なところへ連れて行っていただき、これが真のおもてなしというものかと感激するほどの歓迎をしていただきました。今回の投稿では写真をメインに少し、日本のハワイ指宿市を皆様にお届けします。旅のアルバムを見るような気軽な気持ちでお楽しみください。

 

鹿児島空港についてすぐ、有名な霧島の黒酢見学をしました!imageなんとこれは5万2千個の黒酢の壺。

職人さんは壺を叩いた音を聞くだけで中の黒酢の熟成度合いがわかるそうです。imageお昼にはその黒酢を使った健康に良いおいしいお料理をいただきました。

image夕方の歓迎レセプションではずらっと長いテーブルが。鹿児島県指宿市、北海道千歳市、熊本県人吉市、新潟県十日町市、4都市が一堂に会しおいしい夕食とお酒を楽しみながら親交を深めました。image十日町市からは松乃井と天神囃子をお持ちしました。

image指宿名物のアロハシャツが皆様お似合いです。

image歓迎レセプションでは十日町市のPRもさせていただきました。

私からは雪ときもの、そして大地の芸術祭の里についてお話しさせていただきました。各都市の皆様がいつか十日町市を訪れてくれたらいいなあという気持ちを込めてお話ししました。imageimage夕食後はなんとホテルのお庭から大きな花火が!かなり近距離でたくさんあげられる美しい花火にまだまだ夏の風を感じることができました。image初日ということもあり、少し緊張していたのですが各都市の皆様とたくさんお話をし親交を深めることができました。

十日町きもの女王2016 南雲咲穂

 

 

 


指宿温泉祭り


image皆様こんにちは!十日町きもの女王2016の南雲咲穂です。

少し肌寒くなって参りましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

パソコンからブログにアクセスできないというトラブルが続き、少し更新が遅くなってしまいましたが、私は9月23日から25日の三日間、十日町市の友好都市鹿児島県指宿市に行って参りました。

人生初の鹿児島県。実はこの出務、私が十日町きもの女王になった時からずっと、ぜひとも参加したい!と願っていたもので、念願かなっての出務となりました。本当に幸せで最高な3日間で、お伝えしたいことが山のようにありますので何回かに分けて投稿させていただきます。まず、第一弾となりますこのブログでは「指宿温泉祭り」について。imageimage今回の出務のメインは指宿市様の夏の一大イベント「指宿温泉祭り」です。

指宿温泉祭りは指宿市にもたらされる「温泉」という大地の恵みに感謝するお祭りです。今年で第69回を迎える大変伝統のある、市民の方々に親しまれているお祭りです。imageimage私は24日に指宿市伝統のハンヤ踊りのそう踊り(民謡流しのようなものです)に参加させていただき、さらに特設ステージでご挨拶と十日町市のPRをさせていただきました。

今回のお振り袖は涼しい絽のお振り袖です。この絽のお着物、今回初公開の新品だそうで、さらっと軽い着心地の可愛らしいお着物でした。

imageimage合わせの着物も大好きですが、夏季限定で着ることのできる絽も大好きです。imageimage大きく柄の入ったかわいい赤のお振り袖に紺の帯が映えます。

image

imageimageお祭りなので髪型も豪華にしていただきました。

そして、このお祭りでは各都市の観光親善大使の皆様が勢揃いしました。imageimage指宿市の菜の花レディの皆様、北海道千歳市のスカイレディ千歳様、熊本県人吉市のひとよしキャンペーンボーイ様。皆様本当に素敵な方々でした!image

さすが日本のハワイ、指宿市。指宿市の皆様は本当に明るく温かく、キラキラ輝く笑顔が印象的でした。なんだかこちらまで元気に前向きになれるような、そんな大きなパワーを感じました!imageそして何より市民一人一人の指宿市に対する「愛」がとても深く、観光PRにとても力を入れており、強く感銘を受けました。私も指宿市様を見習って、もっと愛を持って十日町市をPRしなくては!と観光親善大使として改めて気持ちを引き締めることのできた刺激の多い出務となりました。

さて、次回は私の体験させていただいた指宿市の観光について書きたいと思います。

長くなってしまいましたが、最後までご覧いただきありがとうございました。

十日町きもの女王2016 南雲咲穂

 

 

 


第1回 十日町きもの染織展


こんにちは。十日町きもの女王2016南雲咲穂です。

日増しに秋の気配が濃くなって参りました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は9月4日に東京で行われました第1回十日町きもの染織展に参加させていただきました。

8東京に居ながらにして故郷十日町を感じることのできるなんとも素敵なこのイベント。

久しぶりにコンテストの際にいただいたお振袖を着てのお仕事です。

5

7

お着物はもちろん、へぎそば、お米、お酒など十日町が全国に誇る名産品を購入されるお客様。ほんとうにたくさんの方にお会いすることができました。

4

遠く離れた東京でも多くの人を魅了する十日町の素晴らしさを改めて実感し、この素晴らしい故郷をもっと広めていかなくては、ときもの女王として改めて気合を入れることのできた特別な1日となりました。

ここからは少し当日のお写真をご覧ください。

3

↑九重という帯結びをしていただきました!

6このように様々な展示・販売ブースが設けられており、美しいお着物や帯で溢れていました。

9↑私も少し見学させていただきました!

1いつかこんなお着物も着てみたいなあと夢が広がります♡!

さて、今週末私は毎年恒例となりましたあのイベントに参加させていただきます。

近々皆様にご報告できますことを楽しみにしております。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

十日町きもの女王2016 南雲咲穂

 


十日町おおまつり


image

image

 

みなさまこんにちは。いかがお過ごしでしょうか。

十日町きもの女王2016 の佐治瑠璃でございます。

先日行われました、十日町おおまつり、大民謡流しに参加してまいりました。

この日は爽やかな絽のお振袖を身に纏っての出務でした。風通しが良く、着てみるととっても軽く、夏でもお振袖を着ることができるのだと感動いたしました。また、淡い色のお着物は新鮮で、孔雀の描かれている素敵な絽のお振袖でした。

踊りのお稽古をつけていただいて、いざ、大民謡流しへ。

久しぶりの十日町小唄に深雪甚句。踊りきることができるのかと多少の不安がありましたが、先生のご指導、そして子供から大人まで一丸となった十日町の皆さんの活気あるパワーのおかげで、楽しんで踊ることができました。

さらに、すれ違うたびに気持ちのこもった温かいお言葉やはじけるような笑顔をいただき、最後まで全力で臨むことができたと思います。

改めて十日町は人と人とのつながりが強く、温かみのある素晴らしいところだと感じました。

今回の出務でもこのような機会をいただけたことを嬉しく、光栄に思います。

さて、早速ですが、明日は東京で開催されます、十日町きもの染織展へ参加いたします。

東京での十日町のPR活動に一生懸命貢献してまいります。より多くの方に十日町を知っていただき、足を運んでいただけたらと思っております。

明日はコンテストでグランプリを獲得したときにいただいたお振袖を久しぶりに着ます。

髪型について、アップスタイルヘアが自分のなかでは定番となっているのですが、明日の出務では初めての日本髪を結っていただく予定です。さて、どのように変身するのでしょうか。

何事も新しいことにチャレンジすることは大切ですよね。

早いもので、十日町きもの女王に選んでいただいてから半年が経ちました。いろいろな経験をさせていただきましたが、後半戦も、常にフレッシュな気持ちを持って毎回の出務に臨みたいと思います。

まだまだ残暑が続きますが、どうぞお体にお気をつけてお過ごしください。

十日町きもの女王2016 佐治瑠璃